企業情報

株式会社星野商店は産業資材の流通と加工の価値をお客様に提供する会社です。
こちらは、星野商店のビジョン・社長からのご挨拶・星野商店の企業情報についてのご案内です。

星野商店のビジョン

私たちは、全従業員の幸福のため、
産業用資材をご利用していただくお客様のために
品質、利便性、迅速を追求し、安心をお届けします

社長メッセージ

私たちは、当社の理念「幸福にする。豊かにする。」、基本姿勢「誠実」「協力」「挑戦」をモットーに、産業界のお客様に喜ばれる商品の流通を展開して参ります。
当社の歴史は1924年創業に、初代代表者星野伊三郎が、産業用繊維資材販売業を営んだことに始まります。
一世紀にわたり、世の中の流れを読み、トレンドを追いながら、多くの企業様と共に成長してまいりました。
こうして地域に密着した産業用資材を長期にわたり継続できたのも、多くの皆様に素敵なご縁とご支援いただいた賜物と誠にありがたく、感謝致しております。

産業用資材販売業でありますが、その先入観にとらわれず、様々な挑戦をしています。
私たちは、その時代の環境に適応するため、多様性と柔軟性を発揮しながら、自分たちの方向性を模索してきました。
そうして、生まれる独自の価値の先には、「お客様のお役に立つ」という目標があり、社員一人ひとりが全力で取り組んでいます。
また、産業用繊維資材にこだわらず、日々様々な挑戦を重ねています。

私たちは「ユーザーが産業用資材を変える」時代と考え、「お役に立つだけではなく、お客様とともにつくる」というコンセプトで、クリエイティブな発想とチャンレンジ精神でもって、お客様に喜んでいただく新しい仕組みつくりを続けていきたいと考えています。

今後も地域に根差した活動はもちろん、近い将来は日本国内だけでなく、海外へも進出していくことが展望の一つです。
また、創業から培ってきた歴史を重んじ、お客様、社員、サプライヤー、社会の全てにとって明るい将来を築けるような会社づくりを目指して参ります。

「誠実、協力、挑戦」の基本姿勢
誠実とは「誠心誠意」お客様、サプライヤー、従業員に接することです。
協力とは一人ひとりの強みとチームワークを最大限に発揮する文化を創造することです。
挑戦とは環境の変化を先取りし、革新的かつ創造的な仕事に挑戦し、お客様繁盛のお役に立つことです。

今後も、利便性を向上し産業界の発展に役立つ活動を続けてまいります。

代表取締役星野信利

会社概要

会社名 株式会社 星野商店
代表者名 星野 信利
所在地 〒460-0008 名古屋市中区栄5丁目7番11号
TEL:052-261-5441
FAX:052-251-5537
創業 1925年
設立 1951年12月 有限会社 星野商店 設立
1957年12月 株式会社 星野商店 設立
資本金 1,080万円
決算期日 11月30日
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 大津町支店
名古屋銀行 葵支店
建設業許可 許可番号:愛知県知事 許可 (般-30)第100075号
許可建設業の種類:
建築工事業
とび・土工工事業
鋼構造物工事業
業務内容 産業用繊維資材の卸売及び加工製品製造、現場施工 等
工場設備
  • 天吊りウェルダー1台
  • 足踏みウェルダー1台
  • 裁断機1台
  • 総合送りミシン6台
  • 2本針ミシン3台
  • 上下送りミシン2台
  • ロングアーム1本針1台
  • コンピューターミシン1台

沿革

1925年12月 繊維資材の卸販売創業
1951年12月 有限会社星野商店 設立
代表取締役 星野伊三郎 就任
1957年12月 資本金180万にて株式会社星野商店 設立
1958年12月 代表取締役 星野正一 就任
1969年11月 社屋(3階建)竣工
1986年12月 社屋増改築
1988年9月 安城工場開設
1989年11月 資本金360万に増資
1990年12月 自社ブランド“デルマ”糸入シリーズを定番化
1992年1月 資本金1.080万に増資
2002年5月 代表取締役 星野信利 就任
2014年8月 安城工場より名古屋市天白工場へ移転
2014年9月 車両資材課設置
2014年12月 縫製加工課設置
2014年10月 特販課設置
2018年12月 海外研修生採用(4名)
工事課設置
2020年1月 海外研修生採用(2名)

アクセス

地下鉄 東山線・名城線「栄」駅下車、栄地下12出入口より徒歩約10分